嵐・二宮和也、ドラマ「流星の絆」・松本潤(嵐)に関するニュースを取り上げてます(主に)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐・二宮和也、ドラマ「流星の絆」


演技に定評がある二宮和也、ドラマ「ラストフレンズ」で怖い役をやっていた錦戸亮が共演する「流星の絆」。
詐欺の話らしいですが、予想としてはスリルあり、どんでん返しありでなかなかおもしろそうな内容です。
詳細は以下から
「嵐」の二宮和也(25)と「関ジャニエイト」の錦戸亮(23)が2008年9月21日、東京・赤坂の山王日枝神社で初共演するTBS・MBS系の連続ドラマ「流星の絆」(10月17日スタート。金曜、後10・00)の成功祈願を行った。 2人は、同じ事務所に所属しながら接点がなく、今回の初共演をきっかけに交流を深めたという。互いの印象を二宮が「大人だと思った。錦戸くんは(嵐の)松本潤くんと仲がいいけど、僕と松本くんは両極端。その2人と仲よくできるんだから」と話せば、錦戸は「酔っぱらってテンションが上がる姿を見たので、そういう側面を見ただけでも違います」と応じるなど息はピッタリ。 作品は、東野圭吾氏のベストセラーのドラマ化。二宮、錦戸と戸田恵梨香(20)が三兄妹を演じる。この3人が共謀しての「詐欺」がストーリー上のカギとなるが、二宮は「僕、結構うそをつくんですよ。うそをつき過ぎてどれが本当なのか分からない。待ち合わせしてないのに行っちゃったりしてる」と真顔で話していた。

本当におもしろそうな作品ではあるけれど、
最近のドラマは原作がマンガってパターンが多くて、なんだか残念。
原作に忠実にドラマを作っても、同じでつまらないとかパクリだオリジナリティがないと罵られ、逆にオリジナリティを出していこうとすれば、原作の世界観やイメージを壊した、キャストが合ってないなどと罵られる。
万人が満足するものなんてありえないものだけど、一から話を作っていれば、オリジナリティがないなんていわせない、原作擁護者の批判の声も浴びないで済むと思われる。
現在、いい話を描く脚本家っていないのか?


【関連記事】
ジャニーズ記事バックナンバー

二宮和也&錦戸亮、初共演も息ピッタリ(デイリースポーツ)-YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080922-00000000-dal-ent

スポンサーサイト
Copyright © 松本潤ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。