松本潤も観に行った!ミュージカル「Change」・松本潤(嵐)に関するニュースを取り上げてます(主に)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松本潤も観に行った!ミュージカル「Change」


少年隊のミュージカル「PLAYZONE FINAL『Change』」の千秋楽で、サプライズがあったらしい。
今年2008年7月に開幕した最後の少年隊ミュージカルが8月8日に東京・青山劇場で千秋楽を迎え、23年の歴史に幕を下ろした。円熟の芸を披露した3人は終演後、劇場前に飛び出し「お見送り」としてファンに生歌をプレゼント。少年隊とファン3000人の心をひとつにした大合唱が青山通りに響き渡った。来年は錦織一清(43)が演出を担当し、ジャニーズJr.が「プレゾン」を引き継ぐ。
「お客さまに感謝の気持ちを伝えたい」。少年隊の思いから、最後にしてプレゾンで初めての屋外お見送り&生歌披露が実現した。 
詳細は以下から
「少年隊ミュージカル PLAYZONE」は1986年夏に青山劇場でスタート。88年からは大阪公演も加わったが、23年の歴史すべてを知る思い出の地での千秋楽は3人にとって特別な思いがあった。 終演後、3人は「皆さんを送らせていただこうと思います」と宣言すると、エントランス前には公演を見た1200人のほか、チケットが手に入らなかったファン1800人も集結。特設ステージに立った3人は「どうだった?」などとファンに問いかけ、さらに「仮面舞踏会」「Baby Baby Baby」の2曲を熱唱。感動で涙するファンもおり、錦織は「おれたちの青春はこれからだ」と絶叫した。 千秋楽のステージには、近藤真彦(44)が駆けつけ歌うサプライズがあったほか、客席には森光子(88)や嵐・松本潤(24)らの姿も。思い出話も多く飛び出し、息子・裕太(13)と共演の植草克秀(42)は「家に帰ったら泣いちゃうかも」とポロリ。 錦織は「僕はここで皆さんに夢をもらってた。3人のプレゾンは幕を閉じますが、また新しい歴史を作っていきたい」と感謝し「また違った形で皆さんと会いたい」と少年隊としての新たな活動を予告。東山紀之(41)は「大きくなるため勇気を出して飛び立つ。次に僕らが何をするかを考えたい。お婿さんに行かないといけないんだけど…、皆さんといい年を重ねたい」と明るく再会を誓っていた。 26日から31日まで大阪公演(梅田芸術劇場)を行う。

東山「お婿さんに行かないと・・・」って(笑)
いい男なのに浮いた話もあまり聞かない。
適齢期の未婚のジャニーズではめずらしい話かも。
嵐のメンバーも合コン禁止令が出ているらしいし、このまま「永遠のアイドル」を・・って、無理な話か。
あと5年もしないうちに浮名を流すようになるのかもしれない。

【関連記事】
ジャニーズ記事バックナンバー

少年隊23年の感謝込めナマ歌でお見送り(デイリースポーツ)-YAHOO!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080809-00000005-dal-ent

スポンサーサイト
Copyright © 松本潤ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。