戦場のハローワーク・松本潤(嵐)に関するニュースを取り上げてます(主に)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦場のハローワーク


戦場のハローワーク
著者:加藤健二郎出版社:ミリオン出版/大洋図書サイズ:単行本ページ数:257p発行年月:2005年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)戦場ほど危険=オモシロイ旅はない。迷えるニートは戦場に行け。イラク戦争で「人間の盾」になった国境無き軍事ジャーナリストの転職講義。【目次】(「BOOK」データベースより)1 プロローグ?戦争とは究極の道楽である/2 戦地突入?まず戦場に辿り着くこと/3 開戦前夜?戦場に行く前の準備/4 サバイバル?戦場で生き抜くために/5 逃走・脱出?生きるための逃げ方/6 売り込み?戦場取材で稼ぐ方法/7 エピローグ?戦争屋という名の職業/付録 巻末特別対談「日本人が戦場で生きるということ」(国境なき軍事ジャーナリスト 加藤健二郎vs世界でもっとも危険な国コロンビアのエメラルド王 早田英志)【著者情報】(「BOOK」データベースより)加藤健二郎(カトウケンジロウ)1961年1月生まれ早稲田大学理工学部卒。東亜建設工業勤務の後、傭兵を志願してフランス外人部隊へ行くが身体検査で不採用とされ軍事ジャーナリストとし戦場へ赴く道を選ぶ。1997年より防衛庁オピニオンリーダーに任命され、2001年から2003年には総合探偵社ガルエージェンシーの危機管理講師を務める。バグパイプ奏者でもあり、音楽DVD「驀進バグパイプ444日間」「愛の人質」などを制作。情報ネットワーク組織「東長崎機関」を運営している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> ノンフィクション> ノンフィクション(日本)
さらに詳しい情報です




スポンサーサイト
Copyright © 松本潤ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。