裏のハローワーク(交渉・実践編)・松本潤(嵐)に関するニュースを取り上げてます(主に)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏のハローワーク(交渉・実践編)


裏のハローワーク(交渉・実践編)
著者:草下シンヤ出版社:彩図社サイズ:単行本ページ数:191p発行年月:2005年06月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)裏社会は生き馬の目を抜く戦場である。一瞬の判断ミスや煮え切らない態度が命取りにつながる。逮捕されるならまだしも、恨みを買い、後ろからブスリとやられることもありえない話ではない。そこで土壇場での機転、前もって危険を回避する知恵、交渉で相手を丸め込む技術などが必要不可欠になってくる。「土壇場で弱いやつは使い物にならない」「交渉力が必要な時代になった」などと声高に叫ばれるようになったが、裏社会の住人にしてみれば、なにを今更というところだろう。本書では、あまりに実用的な「裏」の交渉テクニックを紹介。ヤクザや事件屋、詐欺師、ヤミ金業者といった人々がどうやって稼いでいるのか?その強引にして華麗な手口を、ご堪能あれ。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章 仕込みで差をつけろ(仕込みは成熟させればウマミが増す/パニックに追い込み、頷き人形にさせろ ほか)/第2章 出会い頭で叩け(印象などというものは操作でどうにでもなる/即決を迫って、判断力をはぎ取れ ほか)/第3章 腹の読み合いを制せよ(降伏させるには、覚悟を見せつければよい/土俵に乗せたら自分はおりろ ほか)/第4章 カタにハメろ(勝ちを焦れば、足元は揺らぎ出す/「目隠し」と「強調」でウソは本当になる ほか)/第5章 最終的には丸く収めろ(一度きりで丸く収まるわけがない/「納得」は揉め事の消火器のようなもの ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)草下シンヤ(クサカシンヤ)1978年、静岡県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 人文・地歴・哲学・社会> 社会> 労働
さらに詳しい情報です




スポンサーサイト
Copyright © 松本潤ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。