木村拓哉にライバル意識をムキ出しにする織田裕二・松本潤(嵐)に関するニュースを取り上げてます(主に)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村拓哉にライバル意識をムキ出しにする織田裕二


「あいつだけには負けられない」――。

 織田裕二(39)が燃えている。木村拓哉(34)に対抗心をムキ出しにしているという。


空回りしなきゃいいけどね(;´Д`)
プライドが高いのか、ただの闘争好きなのか・・・
詳細は以下から
 織田は12月公開の映画「椿三十郎」に主演している。黒沢明監督と三船敏郎がコンビを組んだ往年の名作のリメークで、織田にとっては初の時代劇。そのため、織田は気合が入っている。5月のGWから映画の宣伝ポスターを月ごとに変更。合計4種類を発表する異例のプロモーションを展開する力の入れようだ。

「織田は役者としてのプライドが高いから、アイドル上がりのキムタクには負けたくないんですよ。去年12月に公開されたキムタクの主演映画『武士の一分』は興収40億円のヒットを記録しました。同じ時代劇でキムタクに後れを取るわけにはいかないから、力を入れまくっているんです。キムタクは夏に新作映画『HERO』の公開が予定されていますが、撮影が遅れていて、一時は織田の『椿――』と公開がカチ合うともウワサされました。それでも織田は“ぶつけてもらってもいい”と自信満々。キムタクへの対抗心はハンパじゃありません」(映画関係者)

 映画だけは負けられない事情もある。

 現在、織田は連続ドラマ「冗談じゃない!」(TBS)に主演している。このドラマは、木村主演で平均24.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録した「華麗なる一族」の後枠。織田はスタート前から「予算は『華麗――』の4分の1でも視聴率20%を取る」と意気込んでいたという。

 しかし、フタを開けてみると初回の19.4%から2回目は14.7%にまで急落。ドラマでは完敗ムードが漂っているだけに、映画でリベンジを果たそうというわけだ。

先日もデビュー20周年と新曲「Hug.Hug(ハグハグ)」の同日発売を記念。1987年にデビュー曲「Boom Boom Boom」を発売した “誕生日”。同地は1988年、デビュー後初のライブを開いた地と、思い出だらけの状況に、織田は新曲を熱唱するなど汗だくで大張り切りだった。
 タオルで汗をぬぐうと150人のファンからは「ハンカチ王子~」と声援が。織田は上機嫌に「ハンカチ親父?あちらもユウちゃんなんだよね」と今をときめくアイドルに対抗心を燃やしていたという。


いろんなところで敵を作っているという織田裕二だが、そういう対抗意識が今の織田裕二を作り、役者魂を培っているとも思える。
公言してしまうところがすごいというか、やんちゃというか・・・
これからも頑張って欲しい人であります。

(引用元:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 松本潤ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。