春風亭小朝、離婚の裏側・松本潤(嵐)に関するニュースを取り上げてます(主に)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風亭小朝、離婚の裏側


小朝師匠と泰葉さんの離婚記者会見は、とても和やかで本当に離婚するのですか?
もしかしたら、なにか問題があって形式上のことなのか?
それとも話題づくりで??

・・・なんて思っていましたが、こんなワケがあったとは・・・。


 若い頃から、落語界のエースとして活躍、斯界の頂点に上り詰めるのも時間の問題と思われていた春風亭小朝が、大きな岐路に立たされている。

 昨年11月に故・林家三平の次女である泰葉と離婚した直後の小朝は、離婚をネタにするほどの余裕を保っていたが、先月、女性マネージャーと不倫していたのではないかという疑惑が報じられ、様子が一変。この噂を流したのが泰葉だと考えた小朝は、マスコミに対して、“遠くから石を投げられている”と彼女を痛烈に批判したのだ。

「これに泰葉がキレました。さらに、母の海老名香葉子さんも怒った。離婚後も、かろうじてつながりがあった海老名家と小朝ですが、これを機に絶縁にもなりかねない。いや、小朝にはその覚悟があります」(落語関係者)

 小朝は、泰葉と結婚後、海老名家が所有していた「林家正蔵」という大名跡を継ぐ気が満々だったという八代目林家正蔵の孫弟子に当たる自身にとって、その名は最高の名誉だったからだ。

「小朝には、三遊亭円朝という大名跡を継ぐ話が来ていたが、それを断った。それほど、正蔵や三平の名が欲しかったようです」(同)

 だが、香葉子さんの意向で、正蔵はこぶ平(当時)が継ぐことに。「三平」の名跡も、いっ平が継ぐことになった。これにへそを曲げた小朝に、泰葉が三行半を突きつけたことが離婚の原因という説もあるほどだ。

「離婚後の小朝は、落語界に絶大なる影響力を持つ海老名家の威光が欲しいこともあって、泰葉の傍若無人な振る舞いにも殊勝な態度で付き合ってきた。だが、今回は堪忍袋の緒が切れたということでしょう。海老名家の力なしでもやっていけるという自信がついたのかもしれない」(スポーツ紙記者)

 一方で、泰葉と香葉子さんは一卵性親子と言われるほど仲がいい。泰葉をこれ以上怒らせると〝落語界の女帝〟香葉子さんが「小朝外し」に動くかもしれないという噂も。「どーもすいません」では済まされない事態を前に、小朝はどう動くのか?


一族や襲名のごたごたはよくわかりません。
でも何事でも、やはり名実ともにその道を究めたいと思うのは人の常。

こぶ平の正蔵襲名というのは、私の親からしたらとてもすごいことなんだそうですが、
いまいちピンときませんw
でも、その「すごいこと」のために今まで我慢してきたなら、浮気などせずに、そのままおとなしくしてればいいのに。



(引用元:日刊サイゾー
スポンサーサイト
Copyright © 松本潤ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。